Todoist は開始日をサポートしていますか?


Todoist ではタスクの開始日になるまでタスクを隠す仕様にはなっていません。これを行うと、コメントのような重要なタスクの情報に簡単にアクセスできなくなってしまいます。プロジェクトでタスクを可視化しておくことで、いつでもすべての詳細情報にアクセス/管理できます。

また、開始日をサポートしていないものの、Todoist では現在取り組んでいるタスクに集中できるような類似のワークフローが利用できます:

タスクとサブタスクを開始する

特定の日付にプロジェクトを開始したい場合は、プロジェクト内に「[プロジェクト名]を開始」というタスクを追加して、予定日を開始日に設定します。その後、プロジェクトを「いつかやる」などの親プロジェクトの下にドラッグ&ドロップして、タスク リストから隠します。開始日が来ると、開始タスクが今日の画面に表示されるため、忘れずに始めることができます。

同様に、特定のタスクを始めたい日付があれば、「タスクを開始」というサブタスクを追加し、タスクを開始したい日付を予定日に設定します。同じように、予定日が来ると今日の画面にサブタスクがリマインダーとして表示されます。

繰り返しの予定日

開始日を使う代わりに、特定のタスクに取り組みたい場合は、繰り返し表示されるタスクを使うこともできます。

開始日と終了日の両方をつけた繰り返しの予定日を設定します。例えば、「5月3日から5月6日まで毎日」と入力すると、5月3日にタスクが今日の画面に表示されます。タスクを完了するたびに、次の予定日が5月4日、5月5日、5月6日とリセットされます。

また、「5月3日から毎日」のように、終わりがない繰り返しの予定日を設定することも可能です。タスクを繰り返す必要がなくなったら、オプション メニューから「永久に完了」を選択して、アクティブ タスク リストから削除します。

フィルターを使う

一度にすべてのタスクを表示したくない場合、今日のビューまたはカスタム フィルター ビューをご利用いただけます。これらの画面では、今取り組んでいるタスクに集中することができます。

Todoist をカレンダーと使う

Todoist カレンダー フィードを使うか、oogle カレンダーと Todoist を双方向同期することで、今週の予定を確認したり、いつ予定が空いているかを確認したりしましょう。

予定日のみのタスクは終日のイベントとして表示され、予定日時が設定されているタスクは 1 時間単位のブロックとしてカレンダーに表示されます(今のところ、カレンダー イベントの時間の長さを設定できるのは Google カレンダー連携機能のみです)。

リマインダーを使う

タスクにリマインダーを追加して、タスクの予定時間や予定日に、通知またはメールを受け取りましょう。自動リマインダーを有効化すると、予定時間が付いたタスクであれば、いつでもリマインダーを受け取れるようになります。