タスクをクイック追加する

利用可能なプラン:

  • プロ
  • ビジネス
  • 無料

テレパシーを使ってタスクを追加する方法は(まだ)開発できていませんが、Todoist のスマートなクイック追加はそれに匹敵する機能です。クイック追加では以下のようなことが可能です:

  • 新しいタスクを追加する
  • タスクに予定日および予定時間を設定する
  • タスクにラベルを付ける
  • タスクに優先度を付ける
  • タスクをプロジェクトに追加する
  • タスクをセクションに追加する
  • タスクを共有者にアサインする
  • タスクにリマインダーを追加する

タスクのすべての詳細を 1 行に入力(もしくは音声入力)するだけで、スマートなクイック追加機能が情報を自動認識してハイライトし、適宜タスクに追加します。モバイル端末でタスクを追加する際に、特に便利な機能です。

quickadd.png

現在、チェコ語とトルコ語で予定日を利用することはできませんが、将来的にこれらの言語もサポートしていく予定です。

仕組み

Todoist のどのプラットフォーム(ウェブ アプリ、デスクトップ アプリ、モバイル アプリ)でも、クイック追加を使う時は、 + シンボルをタップまたはクリックします。タスク名を入力したら、以下の項目を任意で入力します。

「明日の午後4時」、「3月3日から隔週火曜日」のように、自然な日本語を使ってタスク入力欄に日付と時間を入力します。すると、クイック追加機能が自動的に予定日時を認識し、タスクを保存するとスケジュールが追加されます。日付の入力書式の例は、この記事をご覧ください。

@ の後にラベル名を入力します(例: @メール)。既存のラベル リストから選択するか、新しいラベルを作成できます。

p1p2、または p3 と入力して、優先度を設定します。

タスク名欄に “!” を入力し、その直後にリマインダーを希望する時間を入力します。

特定の時間(例: “!15:00”)にリマインダーを設定することもできますし、特定の時間が過ぎた時(例: “!2時間”)、またはタスクの予定時間の前(例: “!30分前”)にリマインダーを設定することもできます。Todoist はさらに、 “!あとで” (つまり、4 時間後)や、 “!明日” (つまり、翌日の午前 9:00)または "!毎週土曜9:00" (つまり、毎週土曜日午前 9:00)のリマインダーも理解します。サポートされているリマインダー ショートカットの全一覧はこちらの記事でご確認いただけます。

# の後にプロジェクト名を入力します(例: #仕事)。既存のプロジェクト リストから選択するか、新しいプロジェクトを作成します。

プロジェクトにタスクを追加したら、セクションを指定できるようになります。「/」(半角スラッシュ)を入力し、その後にセクション名を入れます。たとえば、仕事のプロジェクトの管理セクションにタスクを追加したい場合は、#仕事 /管理 と入力します。

+ の後にタスクをアサインしたい人の名前を入力します(例: +竹下)。現在プロジェクトを共有している人のリストから選択することもできます。

上記が可能なのは、共有プロジェクトのみです。そのため、まず共有プロジェクトを指定(# を使って入力)して、その後にタスクをアサインする人を追加する必要があります。

ヒント

クイック追加機能が、タスク名の一部を予定日時の情報として認識してしまうことがあります。例えば「火曜のプレゼンの準備」と入力すると、「火曜」の部分が予定日としてハイライトされてしまいます。これを解除するには、ハイライトされた文字をクリックまたはタップしてください。もしくは、スマート日付認識を完全にオフにすることも可能です。

仕事と生活を整える ToDo リスト